PDFポスター ダウンロード

運営事務局

株式会社コンベンションワークス
〒003-0809 札幌市白石区
菊水9条3丁目1-17
TEL:011-827-7799
FAX:011-827-7769
E-mail:jcrt33@c-work.co.jp

大会長挨拶

大会長 板東 道夫

第33回日本診療放射線技師学術大会
第24回東アジア学術交流大会
大会長 板東 道夫
(一般社団法人 北海道放射線技師会 会長)

診療放射線技師の仕事も年々業務が拡大されチーム医療の中での専門性の役割と責任も大きくなってきています。日本診療放射線技師学術大会は会員個々の技術向上はもちろんのことですが、会員同士の懇談と情報交換の場としての重要な役目を担っています。

第33回日本診療放射線技師学術大会ならびに第24回東アジア学術交流大会の合同大会を、北海道函館市の、函館市民会館および隣接する函館アリーナの両会場を使用して、平成29年9月22~24日の会期で開催する運びとなりました。

奇しくも全国大会の開催を歓迎するような出来事として、北海道新幹線が今年の3月26日に開業しました。札幌から函館へと、東京から函館への所要時間がほぼ同じの約4時間となりました。本州からお客様を迎え入れる北海道の新たな名称の新函館北斗駅が誕生し函館は歓迎ムードに包まれています。

第33回日本診療放射線技師学術大会は、メインテーマとして「国民と共にチーム医療を推進しよう」を挙げ、サブテーマとして「未来への開港、技の継承と飛躍」とさせていただきました。函館開港の歴史に学び、日本の文化と西欧の文化の融合と飛躍をイメージして、放射線技術の継承と進歩から飛躍へ大きく前進して行きたいと考えています。

演題数500を目標に9会場を用意致しました。口述発表と展示発表で会員の研究成果を存分に発揮していただきたいと思っています。

函館は観光地としても人気が高く、五稜郭公園等の自然と調和した景観、聖地と宗教的建造物、記念碑 、教会と大聖堂、函館外国人墓地などの各名所とグルメを満喫する観光スポットが沢山あります。観光ツアーは北都交通さんの『選べる12コース』をご推薦致します。個々の目的に合わせ函館を満喫頂ければ幸いです。

函館が皆様の思い出の1ページに加えて頂けるような『おもてなし』の心を持って、大会実行委員会は会員の皆様のご来函(函館)を、心よりお待ちしています。