Global Spine Congress 2018

大会事務局

独立行政法人 国立病院機構
北海道医療センター
〒063‐0005
札幌市西区山の手5条7丁目1-1

運営事務局

株式会社コンベンションワークス
〒003‐0809
札幌市白石区菊水9条3丁目1‐17
TEL:011‐827‐7799
FAX:011‐827‐7769
E-mail:jss51@c-work.co.jp

座長・演者の皆様へ

1. 座長の皆様へ

1) 座長は、担当セッションの開始時刻20分前までに講演会場内の次座長席へお越し下さい。
2) 時間厳守の進行をお願いいたします。

2. 演者の皆様へ

1) スライドはすべて英語表記で作成ください。
2) 発表言語はセッションにより異なりますので下記をご参照ください。
【日本語】 一般演題(口演)、シンポジウム1、シンポジウム2
【英語】 山田・井上メモリアルレクチャー、International Morning Seminar、
国際シンポジウム

※発表言語が英語のセッションは座長の進行も英語でお願いいたします。

3) 演者は発表30分前までに必ずPC受付(2階ロビー)へお越しの上、受付をお済ませ下さい。発表時間の10分前には次演者席へお着き下さい。
4) 発表終了1分前に演題の黄色ランプが、終了時に赤ランプが点灯します。赤ランプ点灯後10秒で会場の照明を点灯し、口演を終了していただきます。発表時間厳守にご協力下さい。

3. 発表時間・発表形式について

シンポジウム  発表8分、質疑応答は各セッションごとに一括討議とします。
一  般  演  題  発表4分、質疑応答は各セッションごとに一括討議とします。
  • 発表時間を短く設定しておりますので、「背景」は短くまとめ、一般的な「方法」は省略して下さい。また、「結果」と「考察」は本質的な内容に限定して下さい。
  • 時間短縮のため、会場前方のステージの左右両側に演台を設置いたしますので、左右交互でご発表いただきます。(左右どちらの演台での発表となるかは、PC受付にてご案内させていただきます。次演者席は会場前方の左右にございますので、ご自身の発表10分前にはご着席下さい。)
  • 次演者の方は前の発表が始まりましたら、壇上へお上がりいただき、発表の準備をして下さい。
  • 発表が終わりましたら壇上中央に設置いたします討論席にて待機して下さい。質疑応答は各セッションごとに一括討議とします。

4. 発表データの受付・操作など

発表形式について

  • 発表はPCプレゼンテーションのみとなります。プロジェクターは一面投影です。
  • ノートパソコン及びメディア(CD-R、USBメモリ)のお持ち込みによる発表となります。
  • 演台上にセットされているモニター、キーボード、マウスをご使用になり、先生ご自身で操作をして下さい。

発表データ(メディア)をお持ち込みの方へ

  • 会場でご用意しているパソコンのOSおよびアプリケーションは以下の通りです。
    Windows7 PowerPoint 2007/2010/2013/2016

    ※Macintoshでデータを作成された場合はご自身のPCと電源、変換コードなどをお持ち下さい。

  • Windowsに標準装備されているフォントを使用して下さい。特殊なフォントを使用されるとレイアウトが崩れることがございます。
  • 発表に使用するPCはすべてXGA(1024×768)に統一してありますので、ご使用のPCの解像度をXGAに合わせてから発表データを作成して下さい。
  • 動画をご使用になる場合は、ご自身のPCをお持ち下さい。なお、音声のご使用はできません。
  • 事前にデータ作成に使用したパソコン以外で動作確認を行い、正常に動作することをご確認下さい。
  • コピーした発表データは、発表終了後、事務局側で責任を持って消去いたします。

ノートパソコンをお持ち込みになる方へ

  • 会場に用意したプロジェクター接続のコネクタ形状は、D-sub15ピン(ミニ)です。一部のノートパソコンでは変換コネクタが必要な場合がありますので、必ず持参して下さい。
  • 動画データをご使用の場合、本体の液晶画面に動画が表示されてもPCの外部出力に接続した画面には表示されない場合があります。実際にお持ちいただくPCの外部出力をモニターまたはプロジェクターに接続して事前に動作確認を行って下さい。
  • 電源ACコードを必ずお持ち下さい。
  • 不測の事態に備えて、必ずバックアップデータをお持ち下さい。

5. ポスター発表者へのお願い

ポスターは掲示での発表のみとなります。
ポスター会場は3階です。

掲示方法

  • ポスターは縦160cm、横90cmで作成をお願いいたします。
  • 演題名、所属、演者名(縦20cm、横70cm)はご自身でご用意下さい。演題番号(縦20cm、横20cm)は事務局で用意いたします。
  • 貼付のための画鋲は事務局で用意いたします。粘着テープなどのご使用はご遠慮下さい。
  • 離れた場所からでも判読できるよう、文字の大きさやレイアウトを工夫して作成して下さい。尚「目的」「方法」「結果」「結論」など明確に記載して下さい。
  • 各掲示板下にA4大のボックスを用意しますので、発表者は発表内容をA4用紙 1~2枚にまとめて最低50部作成し、希望者が持ち帰れるようにご準備下さい。ポスターの縮小版でも結構ですが、必ず読める文字サイズで作成して下さい。
  • 症例報告はA4にまとめるときに参考文献(Reference)を付記して下さい。
  • 貼付・供覧・撤去の時間は下記の通りです。
    貼付 8月24日(木) 8:00~10:00
    供覧 8月24日(木)10:00~17:00
    8月25日(金)  8:00~16:00
    撤去 8月25日(金)16:00~17:30

    ※撤去時間を過ぎても掲示されているポスターは事務局にて撤去いたします。

ポスターサンプル

6. 優秀ポスター賞について

ポスター発表の中で優秀発表者に「第51回日本側彎症学会優秀ポスター賞」を贈ります。

投票期間 8月24日(木)10:00~8月25日(金)12:00
表彰式 8月25日(金)閉会式(第1会場)

※結果は8月25日(金)13:30から掲示板に告知いたします。
優秀ポスター賞に選ばれた方は17:00までに第1会場演者席にお越し下さい(代理可)。来られない場合は次点の方が繰り上げとなります。

7. 個人情報保護法に関するお願い

2006年4月より上記法律が施行されております。個人が識別され得る症例の指示に関しては、ご発表内容に関して、演者が患者のプライバシー保護の観点から十分に注意を払い、ご発表いただくようお願いいたします。

8. COI:Conflict of interest(利益相反)について

日本側彎症学会は2011年2月に公表されました「医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」(日本医学会)に則して、利益相反の有無にかかわらず、全ての発表者の皆様に利益相反状態の開示をお願いいたします。

①申告すべきCOI状態がある場合

申告すべきCOI状態がある場合

②申告すべきCOI状態がない場合

②申告すべきCOI状態がない場合

9. 非会員の方へ

筆頭演者で非会員の方は学会事務局へご連絡の上、入会手続きを行って下さい。

〒260-0027 千葉市中央区新田町4-25 パルサンライト506
ソーテリア内 日本側彎症学会
TEL:043-306-3391 FAX:043-306-3381
E-mail:jss@soteria.cc

ページトップ